建材を知り、選ぶことは空気を選ぶ!!
からだにいいものを!!

室内の空気が家族の健康を守るのです

家づくりで1番大事なことって・・
デザイン?値段?耐震?・・
人によって考え方はたくさんありますよね?
室内の空気を考えてみてください室内の空気環境を良くすることで、大切な家族が毎日を笑顔で健康に過ごすことができます。

人が1日に吸う空気は飲食物の約7倍です。室内の空気を綺麗にするには『建材を知る・選ぶ=空気選び』と考えるべきではないでしょうか。化学接着剤や溶剤成分が入っていない建材を選ぶことできれいな空気・室内環境にすることができます。

家のアレルギー(シックハウス)ってなに??

住宅に使われる建材などから発生している化学物質。その化学物質には種類も色々あります。F☆☆☆☆のマークも安心できません。
このマークはホルムアルデヒドと言う化学物質を出してしまう量が、一番少ないグレードにつける等級です。その目に見えない発散されている化学物質から人体に影響が・・その総称がシックハウス症候群、シックビル症候群、化学物質過敏症なのです。アレルギー・喘息など症状は様々・・

たくさんある化学物質から、厚生労働省はたった13種類にだけ濃度指針値を定め、さらに、国土交通省が建築基準法を改正し、2つの化学物質の規制を義務化しました。それにより、24時間換気システム設備の設置を義務化したのです。空気より重い発散し続ける化学物質は24時間換気では、循環されない床に近い低いところに留まったままになってしまいます。床に近い低いところで呼吸するのは赤ちゃんだったり、ゴロゴロテレビを見ている時・・

建材を知り、選ぶことは空気を選ぶ!!
からだにいいものを!!