高気密とは?

気密とは、家の中にある隙間の大きさのことです。
家に隙間?とビックリされる方も多いですが、家の中には皆さんの目には見えない隙間がたくさんあります。その小さな隙間から、チリやホコリ・花粉などの異物が侵入してくるのです。隙間を減らすことで熱損率が少なくなり、冷暖房率が向上し、エネルギー消費を低減できます。結露を解消するなど生活環境の快適性と耐久性を高めます。

高断熱とは?

熱の行き来を遮断することです。夏は外からの熱の入りを防ぎ、冬は部屋は冷気の侵入を防ぎます。それにより、室内を常に快適な温度に保ちやすくなります。

高気密と高断熱には相乗効果があり、気密を高めることで、断熱効果も保たれ、断熱性を高めます。部屋間の温度差が少なくヒートショック防止、結露が起きにくく、防音効果もあります。

気密をあらわすC値は気密測定を行い数値を出します。
トモロハウスのC値は気密測定を行います。
この気密測定を実施している会社は実は少ないのです。

そして、高気密の家が増えてきてから、『シックハウス』や『アレルギー』が増えています。
多くの住宅メーカーが使用している壁紙クロスはビニールのものが多く、それを貼る糊には化学物質、そして合板フローリングを・・
気密に優れた家に、目には見えない揮発性有害物質が放散している建材をを使って
ビニールで囲まれた息苦しい空間、悪い空気が充満して溜まってしまっているのです。

高気密・高断熱
夏は涼しく冬は暖かい

心地よい省エネの家